Feed Rss



ビタミンやミネラルが豊富な青汁の健康効果

青汁は主に青葉を搾った物で、さまざまな健康効果があることで注目されていきました。
特に青汁の原料となるケールには非常に多くのビタミンが含まれています。
ケールとはアブラナ科のキャベツの原種で、非常に生命力の強い植物で知られています。
含まれるビタミンの量は、ビタミンAがキャベツの58倍、ビタミンCが約2倍で、その他にもミネラルが多く含まれ、毎回の食事のときにケールの絞り汁を100ccずつ飲むことで、不足しているビタミン、ミネラルは全て補給できると言われています。
青汁の効果の一つとして、美容効果があります。
青汁を飲むことで、ニキビやシミ、ソバカスが改善され、つやがありしっとりとした肌になるので女性の方に人気があります。
また、青汁には多くの食物繊維が含まれていて、体内をきれいにする効果が高く、ダイエットとしても飲用されています。
食物繊維は胃では消化されないため腸まで届き、腸を刺激することで働きが良くなります。
このことで多くの人が悩んでいる便秘が解消され、代謝が改善されるので、効果の高いダイエット法と言えるでしょう。
最近注目されるようになったのは、アトピー性皮膚炎に対する効果です。
アトピー性皮膚炎の発症原因としては、ダニやほこり、大気汚染、栄養の偏りなどが挙げられますが、これらが要因となってアレルギー症状を起こし、免疫機能が正常に働かなくなることで発症すると言われています。
青汁には抗酸化作用や免疫調整機能のあるポリフェノール、フラボノイドなどが多く含まれていて、継続して摂取することによってアトピー性皮膚炎の症状が改善されるようです。
また、青汁には酸化を抑える抗酸化物質であるベータカロチンを多く含んでいるので、体内の活性酸素を抑える働きがあります。
活性酸素が抑えられることで老化防止に効果があり、ガンをはじめとする生活習慣病を防止する働きがあります。
このように、非常に健康効果の高い青汁ですが、大切なのは毎日摂取することです。